※当データベースの銀行名の読み仮名は正式な読みと異なる場合があります。
 詳細は凡例をご覧下さい。

銀行名(ヨミ)サンワギンコウ
銀行名(株)三和銀行
存続期間昭和8年~平成14年
本店所在地大阪(昭和8-平成14)
前身銀行(株)鴻池銀行(大正8-昭和8) ・(株)三十四銀行 ・(株)山口銀行(大正6-昭和8)(昭和8新立合併) 
合併・買収(株)更池銀行(昭和17買収) ・(株)河泉銀行(昭和17分割買収) ・(株)辻林銀行(昭和17分割買収) ・(株)乙訓銀行(大正15-昭和17)(昭和17買収) ・(株)山城八幡銀行(昭和17買収) ・(株)尾州銀行(昭和18分割買収) ・三和信託株式会社(昭和20合併) ・(株)大同銀行(大正14-昭和20)(昭和20合併) ・(株)大和田銀行(大正7-昭和20)(昭和20合併) ・東洋信用金庫(平成4合併) 
後継銀行東洋信託銀行(株)(昭和35信託業務継承) ・(株)ユーエフジェイ銀行 [商号:(株)UFJ銀行](平成14合併・改称) 

沿革
昭和8.12
鴻池銀行(大正8-昭和8)、三十四銀行、山口銀行(大正6-昭和8)の3行合併により大阪に新立
【 資 料 】銀總40-49回:昭和8.12.9設立、日昭9巻p484:昭和8.11.20新立合併認可、三和銀行史:昭和8.11.20新立合併認可、昭和8.12.9創立総会、昭和8.12.11開業
昭和17.3
更池銀行を買収
【 資 料 】日昭9巻p672:昭和17.2.27分割買収(阪南銀行と)認可、三和銀行史:昭和17.3.20営業譲受
昭和17.3
河泉銀行及び辻林銀行を阪南銀行と分割買収
【 資 料 】日昭9巻p672:昭和17.2.27分割買収認可、住友銀行八十年史:昭和17.3.-営業一部譲受、三和銀行史:昭和17.3.20営業分割譲受 (注)三和銀行史は分割買収とはしていない
昭和17.10
乙訓銀行(大正15-昭和17)を買収
【 資 料 】日昭9巻p684:昭和17.10.14買収認可、日昭9巻p683:昭和17.10.16買収、三和銀行史:昭和17.10.16営業譲受、京都銀行五十年史:昭和17.10.-営業譲受
昭和17.11
山城八幡銀行を買収
【 資 料 】日昭9巻p684:昭和17.10.14買収認可、日昭9巻p685:昭和17.11.21買収、三和銀行史:昭和17.11.21営業譲受、京都銀行五十年史:昭和17.11.-営業譲受
昭和18.4
尾州銀行を東海銀行(昭和16-平成14)と分割買収
【 資 料 】日昭9巻p693:昭和18.3.26分割買収認可、日昭9巻p694:昭和18.4.1分割買収、三和銀行史:昭和18.4.1営業一部譲受、東海銀行史:昭和18.4.1営業分割譲受
昭和20.5
三和信託株式会社及び大同銀行を合併
【 資 料 】日昭9巻p720:昭和20.5.1合併、三和銀行史:昭和20.5.1合併、紀陽銀行史:昭和20.5.1大同銀行を合併、日本信託業発達史:昭和20.5.-三和信託を合併
昭和20.10
大和田銀行(大正7-昭和20)を合併
【 資 料 】日昭9巻p723:昭和20.10.1合併、三和銀行史:昭和20.10.1合併、福井銀行八十年史:昭和20.10.1合併、北陸銀行「創業百年史」:昭和20.10.1合併
昭和35.4
信託業務を東洋信託銀行に譲渡
【 資 料 】銀局報9回p171:昭和35.4.1譲渡、サンワのあゆみ:昭和35.4.1譲渡
平成4.10
東洋信用金庫を合併
【 資 料 】銀局報42回p112:平成4.9.22合併認可、平成4.10.1合併、有証(三和銀行):平成4.10.-合併
平成13.4
ユーエフジェイホールディングスの設立により、同社の子会社となる
【 資 料 】金融監督庁の1年(平成12事務年度版) p109:平成13.4.2 設立、金融 平成13.5 p58:平成13.4.2 子会社化
平成14.1
東海銀行(昭和16-平成14)と合併し、ユーエフジェイ銀行と改称
【 資 料 】金融庁の1年(平成13事務年度版) p108:平成13.11.16 合併認可、平成14.1.15 合併・改称 金融 平成14.2 p80:平成13.11.16 合併認可、平成14.1.15 合併・改称