※当データベースの銀行名の読み仮名は正式な読みと異なる場合があります。
 詳細は凡例をご覧下さい。

銀行名(ヨミ)ダイヒャクシチギンコウ
銀行名(株)第百七銀行
存続期間明治30年~昭和9年
本店所在地福島(明治30-昭和9)
前身銀行第百七国立銀行(明治30改称) 
合併・買収(株)岩代銀行(大正10合併) ・(資)(株)飯坂銀行(大正8-大正14)(大正14買収) ・(株)第百二十五銀行(昭和2買収) 
後継銀行昭和9解散 

沿革
明治30.2
第百七国立銀行が、国立銀行営業満期前特別処分法により私立銀行として営業継続、改称
【 資 料 】銀總5回:明治29.9.2満期前継続許可、銀報22次p111:明治30.2.1同上継続日、第百七銀行史:明治29.9.2満期前継続許可、明治30.2.1改組
大正10.12
岩代銀行を合併
【 資 料 】銀總29回:大正10.-.-合併、福島県金融経済の歩み:大正10.12.-合併、日明21巻p496:大正11.1.-合併解散(登記?)
大正14.3?
飯坂銀行(大正8-大正14)を買収
【 資 料 】日明21巻p919:大正14.3.5買収(届出)
昭和2.4
第百二十五銀行を買収
【 資 料 】日昭9巻p300:昭和2.3.16買収認可、荘内銀行「創業百年史」:昭和2.4.11解散、山形銀行八十年史:昭和2.4.11営業譲渡解散、福島県金融経済の歩み:昭和2.4.10合併
昭和9.6
任意解散
【 資 料 】日昭9巻p502:昭和9.6.23任意解散認可、福島県金融経済の歩み:昭和8.-.-破産、昭和9.6.-解散