※当データベースの銀行名の読み仮名は正式な読みと異なる場合があります。
 詳細は凡例をご覧下さい。

銀行名(ヨミ)ダイヒャクジュウクコクリツギンコウ
銀行名第百十九国立銀行
存続期間明治11年~明治31年
本店所在地東京(明治11-明治31)
前身銀行 
合併・買収第百四十九国立銀行(明治18合併) 
後継銀行三菱合資会社(銀行部)(明治28以降業務継承)、明治31解散 

沿革
明治11.12
東京に設立
【 資 料 】銀報1次p38:明治11.12.4開業免状下付、明治12.1.11開業、銀總1-5回:明治11.12.4設立、三菱銀行史:明治11.12.4開業免状下付、明治12.1.11開業
明治18.5
第百四十九国立銀行を合併
【 資 料 】銀報18次p51:明治18.5.7合併、三菱銀行史:明治18.5.7合併、北海道拓殖銀行史:明治18.5.-合併
明治18.5
郵便汽船三菱会社(明治19.3三菱社と改称)が当行の経営を継承
【 資 料 】三菱銀行史:明治18.5.28経営継承
明治28.7
三菱合資会社銀行部設置、以後同部へ当行の業務を順次移譲
【 資 料 】三菱銀行史:明治28.7.20設置、順次移譲
明治31.12
営業満期解散
【 資 料 】銀報23次p185:明治31.12.3営業満期解散、銀總6回:明治31.12.3営業満期解散、三菱銀行史:明治31.12.3営業満期解散、明治32.5.6清算完了