※当データベースの銀行名の読み仮名は正式な読みと異なる場合があります。
 詳細は凡例をご覧下さい。

銀行名(ヨミ)フルカワギンコウ
銀行名(株)古河銀行
存続期間大正11年~昭和6年
本店所在地東京(大正11-昭和6)
前身銀行(株)東京古河銀行(大正11改称) 
合併・買収(株)千住銀行(大正13買収) 
後継銀行(株)第一銀行(明治29-昭和18) ・(株)東京貯蓄銀行(明治25-昭和20) ・(株)昭和銀行 ・(株)日本昼夜銀行(大正11-昭和18)(昭和6分割買収) 

沿革
大正11.7
東京古河銀行が改称
【 資 料 】日明21巻p494:大正11.7.1改称、第一銀行史:大正11.-.-改称、協和銀行史:大正11.7.-改称
大正13.12
(大正13.11)
千住銀行を買収
【 資 料 】日明21巻p894:大正13.12.21千住銀行、債権債務一部譲渡・解散を決議、日明21巻p910:大正14.2.25買収届出、第一銀行史:大正13.11.-買収
昭和6.8
第一銀行(明治29-昭和18)(本店及び5支店)、東京貯蓄銀行(明治25-昭和20)(3支店)、昭和銀行(1支店)、日本昼夜銀行(大正11-昭和18)(1支店)の4行に分割買収
【 資 料 】日昭9巻p420:昭和6.8.19第一銀行及び東京貯蓄銀行への買収認可、第一銀行史:昭和6.8.24 4行に営業譲渡、協和銀行史:昭和6.8.-第一銀行と東京貯蓄銀行とに分割買収